姿勢の矯正をうたう整骨院やグッズが多いです。

 

何を正しいか。その答えでまったく換わるわけですが、見ている限り彼らは姿勢を根本から勘違いしていますね。

 

彼らが求めているものって

 

無理やりまっすぐにした窮屈な姿勢

 

名わけですが、ほとんどの人がほしいものって

 

体が楽で見た目もきれいな姿勢

 

だと思います。

 

 

まぁ、前者がほしいというのであればこのサイトを閉じてください。

 

人間の姿勢というのは、実は色々ぽいんとがありますが、

姿勢は足元からです。

 

家でも土台がダメだと家がぐらぐらになりますが、その土台がまず足裏のわけです。

その次に、ひざや股関節、肋骨や肩甲骨、頭部となっていくわけですが

 

その大切な部分吹っ飛ばして曲がってるところだけ無理やり伸ばそうとするってのがすべてですね。

 

ほとんどではなくてすべて。

 

どこかだけ治せばいいって門じゃなくて、足裏から頭部まですべてなんですね。

 

 

でも、その辺ぜんぜんわかってないんであんな頓珍漢な子といえるんでしょうね。

 

まぁ、足裏だけに限定しますが、これもほとんどかかとに体重を乗せる。

 

っていうふうに書いてますね。

 

 

もちろん、結果論としてはかかとに乗るわけですが、かかとにべったり体重を乗せることで体重が後ろに行って猫背になるわけです。

 

あと、これも高確率で出てきますが、足裏の体重の3点です。

 

「姿勢 足裏」の画像検索結果

 

これも間違いではないのですが、正しくもないです。

 

外側に体重がかかりすぎてひざが割れて体重が外に逃げるパターン

 

足広げると股関節や仙腸間接の動きが制御されるので、歩くときとかものすごい不安定になります。

 

あと、足首のアライメントとかひざの位置とか、足のアーチとか歩行時における足裏設置時の体重移動や遊脚のつま先の状態とか。

 

この辺はちょーーー大切なんですが、突っ込み始めたらかなり長くなります。

 

ひざの動きを上下運動と考えるとまずどつぼにはまるのですが(物理学的な考え方するとまずわかりません。)

 

そもそも、この足裏の3点、もっと幅が狭いんですよね。

 

 

走しないと、歩くときに体重が外に逃げて腰にふりまされるような動きになりますから。

 

それに、ひざが割れるので余計な緊張を体に強いることになります。

 

まぁ、なんにせよ背中が曲がっているから背中にサポーターつけよう。

 

見たいな考えか足してたら永久にいい姿勢は手に入りません。