ビタミンは私たちにっとって欠かせない栄養素のひとつです。

 

健康関連の情報が好きな人や、美容を気にしている人の中でびたみんCをとっている。という人は多いと思います。

 

びたみんCを寝る前に飲むと数日したらすっきりおきれるのですが、ビタミンCって何?どういう効果があるの。という人もいると思うので。

 

以下引用

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、美容のためのビタミンとしておなじみです。

どんな働きをするのですか

 ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。

ストレスとビタミンCのお話

 ビタミンCは、ストレスの多い人ほどきちんととる必要があるといわれています。ここでのストレスとは、寒さ、暑さ、疲労、苦痛、心痛、睡眠不足、働き過ぎなど精神的・物理的ストレスの両方です。またたばこを吸う人も、より多くのビタミンCが使われるといわれています。

ただ、何であってもとりすぎは厳禁です。

ただ、ビタミンCは水溶性という性質、取りすぎてもその分がおしっこに溶けてからだの外に排出されるので問題はない。

とも言われています。

じゃあ、実際取りすぎるとどうなるのか。

その辺を実体験を交えて書いていこうと思います。

とはいっても、あくまでも体の調子がどうなったのか。ぐらいしかかけませんが。

1日の摂取目安が1000mgといわれています。

今回は特に定めはありませんが、1日2000mg以上とったらどうなったか。

というのを囲うと思います。

一般的にとりすぎることでおきるのが

・おなかがゆるくなることによる下痢

・脱水症状

・吐き気

です。

ただ、実験で使われるビタミンCの量が圧倒的に少なすぎる。

最低でも10gから数十グラムは必要。

という情報もあったので、2000mgがとりすぎなのか少ないのか良くわかんなかったんですよね。

まぁ、前置きはここまでにして

ただ、ビタミンCのさぷりといっても、ビタミンb2も含まれていたので、そっちの効果が出た可能性もあるかもしれません。

まずおきたのが、

・おなかがゆるくなって下痢が続いた。

おなかがゆるくなると言われていますが、ビタミンCを取り続けて数日したら下痢がかなり水便に近い状態になっていました。

医学的なことはなんともいえませんが、便秘でどうしても出したい。という最終手段ならいいのかもしれません。

筋肉の脱力感に襲われた。

たとえば、鉛筆などで者を書こうとしても、特に指先に力が入らずに、うまくコントロールできなかったんですよね。

ためしにグーを作って思いっきり握りこもうとしても、なかなか力が出ている実感がない。

・日中強烈な眠気に襲われた。

これはほかの要因があったかもしれません。

ただ、1日15時間以上寝ていた気がしますし、寝ても寝ても眠いんですよね。

過眠症なのか、睡眠負債なのか、原因はわかりませんが、とりあえず1日中眠気に教われました。

休日のほとんどが布団の上でしたからね。

仕事中とかほんきでやばかったです。

吐き気などは襲われませんでしたが、人によっては過剰摂取による吐き気なども引き起こされるかもしれません。

内臓への影響などは一切不明ですが、なんにせよ栄養でも取りすぎは大変ということです。