ダイエットを成功させたい。

何気なく使う言葉ですが、よく考えたら変な表現ですね。

 

めんどくさい話になりますが、成功というのは

 

一時的なものと長期的なものの二つがあります。

 

で、ダイエットを成功させたい。というのは一時的なものですね。

 

多分、体重を何キロまでにしたいとか。

体重を落としたい。

 

とか、数字を減らすことが最終目標だと思うのですが、じゃあそのあとは。

って話になります。

 

 

数字の目標が恐ろしいのって、達成感が半端ないこと。目標をものすごく明確にしやすいことです。

 

 

ただ、この世には過程と結果が一致しないことがあまりにも多いです。

 

例えば、痩せたい。という願望でもそれが結果なのか。

痩せること自体が過程なのか。

 

それだけでも痩せるの意味がまるで変わるわけです。

 

でもやせるということばに無意識レベルまで焦点を置いちゃうからいろいろこじれるわけです。

 

たとえば、気になる異性に振り向いてもらいたい。

とかなら、太っているなら痩せることも大切ですが、相手にアプローチすることも大切ですよね。

 

まぁなにが言いたいかというと、目的を過程の一部にしてしまえばモチベーションというのはかなり高いレベルで保たれる。

ということです。

 

食べたいのに食べないって大変じゃない?

 

ダイエットといえば、食べ過ぎを減らす。

 

というのが一般的です。

 

中には、絶食に等しい状態で一気に体重を落とそう。

というかなり無謀なやり方をしていることがありますが。

 

 

それはダイエットじゃなくてただの減量ですね。

 

ただ、食べたいものを抑える。ってのはかなりしんどいです。

 

 

人間は快感よりも不快感のほうが強烈に残るので(特に女性)頑張って不快にならないように努力するわけです。

 

食べたいのに抑える。

これって不快ですよね。

 

食べること自体を不愉快にしてしまうのが拒食症です。

あの病的に痩せた体にあこがれる人は一定数いるみたいですが、よくないですね。

 

 

それに、食事というのは生き物にとって生きるための手段です。

 

 

栄養がなくなれば体に貯蔵してある栄養を削り取って、体の消費も最小限にします。

 

一気に栄養が減れば、それ以上の分を一気に取り戻そうとするのがどか食いです。

その貯蔵がなくなれば死んじゃうわけですが、少しでも貯蔵を増やすために、脂肪を作りやすいホルモンがあるひとにはあるみたいです。

 

まぁ、なんにせよ。我慢を長期間強いるダイエットはまず失敗します。

 

 

 

ps

 

面白いのが、人間にとっての死というのは

 

生物学的な意味の死

社会的な死

 

 

つまり、肉体の死と精神の死ですね。

精神の死は食欲をむしろ減退させるみたいですが、それは健康的ではないですね。

 

例えば、コミュニティで生き延びるために、無意識的に体型を調整したりしているわけです。

 

 

 

pps

 

女性の場合、性欲と食欲というのはかなり密接な関係があるようなので、性欲が満たされたら太りにくくなる。

とも言われているみたいです。